• HOME

どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾

どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾燥ということがあります。肌の余分な油脂が理由じゃなかったの?と疑問に思う人も少なくないでしょう。

当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつなのは本当ですが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、今回は肌が乾燥しすぎて、それが原因でニキビができてしまうのです。



若々しくいたいと思うのは女の人ならある程度共感して頂けることだと思います。

実年齢より低く、とまでは言いませんが、思っ立とおりエイジングケアは気にしていたいものです。

昔から親しまれてきた馬油は保湿・菌を殺す力に優れ、血の流れを活発にする効果もあり、シミやシワを無くす効能が実際あると言われています。

アトピーが気になる人は、肌が敏感な人用の天然成分だけでできているようなスキンケア用品の使用をオススメします。

元々、アトピーは塩水によって治すことが可能であるという説もあり、浴槽のお湯に塩を混ぜたり、海でできるだけ海水浴をすると治癒する方向に向かうと言われています。しかし、実際には、アトピーの箇所にはひっかいた傷があることがほとんどで、塩水だととてもしみてしまうのがネックです。
脂っぽい肌の場合、潤いが十分な肌に見えますが、実際は潤い不足な状態、というケースが多いです。



肌の乾燥が表面化していないのは、脂っぽい肌は皮脂分泌が次々と行なわれている状況なので、外的な刺激による乾燥は防げる傾向が多いためです。
でも、この皮脂が原因で肌の状態が悪くなるのなので、洗顔をすることで、適度に減らすことが必要です。
顔を洗う回数は1日に何回がベストなのかご存知でしょうか。



朝1回、夜1回の計2回が正解です。
これ以上顔を洗うのは肌にダメージを与えてしまう1番の原因です。すればするほどその分元気になるりゆうではなく、最高でも2回というのが美しい肌へと繋がっていくのです。

朝の洗顔の際に、私の母は、石鹸や洗顔剤は使いません。
母は水だけで顔を洗うことにしています。母は、洗顔フォームを使って顔を洗うと、貴重な皮脂が全部落ちてしまってお肌にダメージを与えるから水だけでかまわないという石鹸不必要説をよく教えてくれます。
そんな母のお肌は65歳なのに輝いています。
肌年齢は実際年齢と同じだとは限りません。

気をつけないでいると一気に老けてしまうので注意が必要です。



肌はただ年齢によって老化するのではありません。紫外線が肌年齢を左右すると言っても過言ではないでしょう。


原因を徹底的に排除すると良いですよ。

立とえばPA値の高い日焼け止めを使ったり、防止や日傘などで通年にわたり防御しましょう。また、長時間日光に当たったらほてりがなくなるまで水や濡れタオルなどでクールダウン指せてから保湿効果が高い美容液やクリームなどでたっぷりと潤いを与え、気になるシワ、しみを防ぐようにしてください。



結果的に肌の劣化スピードを遅くし、いきいきとした素肌でいられるようになります。
顔を洗うのに熱いお湯で洗ってしまうと要らない汚れだけでなく必要な皮脂も落としてしまいますし、洗えてないところが残っていると肌の潤いを奪い、ニキビなどの肌の悩みを作ってしまうので気をつけなければなりません。洗顔が終われば、すぐに化粧水を勿体がらずに使い、そっと肌を包み込むように押し当て、化粧水で終わらず、あとに乳液を塗ることで水分を閉じ込めてちょーだい。
おもったより乾燥しやすい目の周りや口のまわりは、多少多めに塗るようにします。ニキビとは皮脂により毛穴が詰まってしまって、炎症を起こしています。

乾燥肌の場合皮脂が少ないから毛穴を詰まらせることはないようなイメージをもちがちですが、現実はちがいます。

皮脂の分泌量が異常に少ないと肌は乾燥することを防止するために沢山の皮脂分泌をしてしまいます。



その結果として、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビが発生するという事例が少なくありません。シワの原因の一つに紫外線があるので、外出をする時には日焼け止め用のクリームを塗ったり、日傘を指して紫外線から肌を守るなど紫外線対策をしっかりと行いましょう。さらに、沢山の紫外線を浴びた時には、加えてビタミンCを含む美容液を使用するなどしてしっかりと肌トラブルにならないようにスキンケアしてちょーだい。


毎日きっちりとスキンケアを行うことで、シワをしっかりと予防出来るでしょう。

関連記事

メニュー